酵素ダイエット


昔は劣悪な労働環境や、不十分な健康被害への対策に起因する多数の職業病が存在した。

日本では古くは重金属によるものが多く、奈良や鎌倉の大仏建立時には大仏の装飾に動員された金箔職人に、当時の金箔技法に利用されていた水銀アマルガムによる水銀中毒が多発した事を疑わせる記録が残されている。また、精錬に従事する人には水銀や銅などによる中毒にかかる者が少なからず存在した。江戸時代には歌舞伎役者が化粧に用いる顔料の鉛白によって鉛中毒となり、天覧歌舞伎の演技中に、足が震えて止まらなくなった事件が社会問題となった。

19世紀の後半に、重工業が盛んになり始めると金属精錬や金属溶融作業に従事する者の熱中症、ヒューム等の吸い込みによる悪寒が見られるようになった。 また、20世紀の前半には、騒音などによる職業性難聴、ダイナマイト製造従事者に見られる狭心症、化学関連製造従事者による有機化合物による皮膚や骨などの溶解やがんが見られるようになり、20世紀の後半には、新しい重金属中毒、機械器具などによる振動障害など、技術の進歩や新しい職種が増加するにしたがって新しい職業病が次々と発見されるようになった。 最近ではアスベスト作業に従事者に見られるじん肺(塵肺)が記憶に新しい。

また職業病と呼ばれるものの中で、パソコンや携帯電話の普及で簡単に文字変換が出来るようになったため、漢字を読めるが書けなくなるというものがある。 これは機械類に明るくない人からは単に学力不足と見られることが多く、近年では仕事や生活の違い等から生じる、誤解されやすい習性全般を職業病と呼称する傾向が強い。

ここまで出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


<財布と酵素ダイエットのコラム>

財布って今まで普通にお札と小銭を分けて収納していましたが、一緒に入れてしまった方が意外と便利ですね。 それぞれに分けて収納をした方が支払いが捗ると思っていたのですが私の場合はそうではないようです。 一つの場所にまとめて入っていた方が、お札で払うか?小銭で払うか?の判断がスピーディに出来ると言うか。 今まではお札で支払って失敗したり、お札があると思ったら無くて慌てて小銭で支払ったりとか。 と言ってもまぁそこまで大げさなものではないのですが、一緒に入れてしまうと意外と便利だったと言う、ただそれだけです・・・(笑)。

私はいつも二つ折りの財布を使っていたので、小銭とお札の入れる場所はいつも別々だったんですよ。 でも少し前にプレゼントして頂いた財布が人生で初めての長財布で。 大きい財布ってどうかな?持ちやすい?使いやすい?なんて思いながら何とな〜く小銭とお札を一緒に入れたら便利だったんです。 ちゃんとお札を入れる場所が別にあるんですけど、そこには買い物用のメモとかレシートを入れています。 カードもちゃんと収納スペースがあって、いくつかに分けて入れる事が出来ます。 長財布って今まで邪魔なイメージで使った事がなかったのですが、二つ折の財布よりも何だか良いかもしれません。 財布を開くと小銭・お札・カード等全部見えますから使いやすいですね。 それに思っていた程に邪魔にならないかも。 取り合えずかなり気に入っています♪

ちなみに財布の風水(?)って当たるんでしょうか。 よく黄色い財布が良いとか、黒い財布が良いとか言いますよね。 お金持ちは皆、黒の革製の財布を使っているとか・・・? どれが本当か分からないくらい財布のジンクスって結構沢山ありますよね。 私はあまりこう言うのは信じないのですが、信じないからお金持ちじゃないのかなと思ったり(笑)。 そう言えばお金持ちって財布にこだわりを持っている人が多いような気もしますよね。 ちなみに馬の革の財布を使用している人を見た事があります。 外側は普通の革財布なんですが、内側によく見ると滑らかな毛が生えている変わった財布でした。 金運が良くなると言っていたように思いますが、馬って金運を呼ぶのですかね? ヘビ革財布や、財布の中にヘビの皮を入れるのなら知っていますが馬は初めて聞いたかな。 競馬が大好きな人だったので、個人的な願掛けだったのかもしれませんけれど。 そう言えば2013年は巳年なのでヘビの財布とか良いかもしれませんね。 ヘビも金運を呼ぶ種類があるそうなので、よく調べて買うのが良いかもしれません。

ちなみに酵素ダイエットもがんばってますよ。 その進捗はまた別で更新しますね。

[PR]
メタトレーダー4 EAのExpert Advisorについては←の記事をご参考下さい。FXシステムトレーダーにはお勧めです。